霊園の情報が満載!

公共墓地、都立霊園のメリットで何だろう??

公共墓地、都立霊園のメリットで何だろう?? 墓埋法という法律で、墓地や霊園の経営・運営は地方自治体、宗教法人、公益法人しか行えないと決められています。
このうち地方自治体が運営主体になっているものが公営墓地であり、東京都が運営しているものが都立霊園です。
東京都内に、雑司ヶ谷、青山、谷中、染井、八柱、八王子、多磨、小平の8ヶ所があります。
民間の霊園や寺院の墓地と同じように、雑司ヶ谷や青山、谷中といった都市部にある霊園は区画の使用料である永代使用料が高く、八王子や多磨といった郊外は安い傾向です。
一般的な墓石を建てるタイプの区画、洋型墓石が並ぶ芝生墓所、霊園によっては納骨堂や他の人と一緒に埋葬される合葬式墓地、樹木葬タイプの墓所などいろいろな種類の墓所が用意されています。
“公共・公営の墓地は安い・安心”というイメージが強く人気があります。
そのため、アクセスの良い都内や駅の近くなどアクセスが良い施設は抽選倍率がが高くなります。
また、民営では石材店が指定されてる場合が多くあります。
これを、指定石材店制度と言います。
指定された以外の石材店で建墓することは難しいです。
まれに、指定店以外で建墓が可能な場合もあります。
相談交渉し、お寺の同意が必要になります。
公共・公営の施設では指定石材店制度がなく、どの石材店にお願いしても問題ありません。

公共の場として、環境もよく備えられた霊園

公共の場として、環境もよく備えられた霊園 霊園は山の中に作られることが多いです。
公共の場所でもあります。
環境のよい場所につくられることが一般的です。
山の中につくられるとどうしても車で行きにくいという問題もでてきます。
山の中といっても山の上の方にあるので車で行くのにとても不便です。
ですが住宅街に霊園があるというのもとてもこわいです。
霊園に行くまでの道のりが大変です。
険しい山の山道を車で登ることになります。
車が後ろにいってしまうという恐怖心もあります。
ですから、険しい山道をつくるのではなく緩やかな坂になるように整備すればいいです。
そうすると車で行く時の恐怖心もなくなります。
霊園に行く道ではよく道幅が狭く車と車が接触しそうになることも多いです。
大きい車同士だともっと接触する可能性は高くなります。
道幅を広くすることで、お墓参りに来た人が安心してお参りにこられるようになります。
霊園の設備をもっとよくするといいです。
お墓参りに来た人に線香やライター、掃除する道具を貸し出すことで便利になります。
お墓参りにかなさかせないものとして、お供えするお花も売ることで、お墓参りに来た人がわざわざ花屋にいってお花を買うという手間がはぶけます。
このようなことをすることで公共の場としてよく備えられた場所になります。

お墓の情報サイト

霊園